Blog

浜松町は「Bin song ding」!

国際線で羽田に戻ると、取敢えずモノレールにのります。浜松町を中国語で読むと、「浜」の字は繁体字では「濱」なので、「Bin song ding」となるはずなのですが、モノレール国際線駅ホームでの中国語アナウンスは「Bang song ding」となっていました。(モノレールの車内アナウンスは、以前から「Bin song ding」ですが…。)

中国語の簡体字の「浜」は、横濱の「濱」とは異なる字で、「bang」と読みます。日本の戦後の国語においては、旧字体の「濱」を新字体では「浜」と表記することにしたので、「横浜」と書いて中国語読みをすると「Heng bin」(横濱)となるのですが、浜松町はまだそこまで中国人に有名な地名ではないので、東京モノレール社が(恐らく繁体字には馴染みのない若い世代の)中国人にアナウンスを録音してもらったときに、「浜」の字を「濱」ではない「bang」と読んだのだと思います。

2020年の東京オリンピックのためにも、早期に統一してほしいものです。■

(写真は、東京モノレールの羽田空港国際線駅)
image172


お問合せ 顧問契約のご案内