Web【201104RS RSセミナー】11月4日(水) 中国現法「人員リストラ」の実務(90分間)

2020年11月4日(水) 日本13:00~14:30・中国12:00~13:30(90分間)/
受講料(お一人)11,000円(含消費税) または 700元(含増値税)/

<前半:経済補償金の徹底理解と法的対応>
経済補償金の計算方法 経済補償金の要否判定 「Nプラスα」ではダメ
「2N」の真相 経済補償金は見えざる負債 リストラの基本作法
法定どおりに対応すると…
<後半:ベストシナリオは「合意解除」>
成功するリストラのポイント 合意解除とは 労組への説明と意見徴収
必要充分な「α」の水準 労働仲裁の現実
<質問時間>(10~15分)

<セミナー概要>

どの現法にも、景気のいい時期と悪い時期があります。そして景気の波だけでなく、常に競争の激化・為替レートの変動・国際関係などの不確定要素に晒されている中国現法は、常に事態に臨機応変に対応しなければなりません。それが、中国ビジネスを勝ち抜く要諦です。

現法を解散・清算しないまでも、従業員数を減らすことで現法の経営状態を回復させることもできます。もちろん、雇用関係がなくなる従業員にとっては人生に重大な影響を及ぼす事件ですので、法律に則った上で、企業経営と従業員感情の間で極限まで慎重に検討・遂行することが必須です。

このセミナーでは、中国現法における「人員削減」のために知らないと大怪我をする論点を近時のコンサル事例の中からピックアップし、今後、貴社グループにも起こるかもしれない事態への適確な対応策として纏め上げ、じっくり解説します。

<セミナー当日について>
・「Zoomウェビナー」を使用した10人以下のセミナーです。
・アクセスURLは、前日にお知らせします。
・10分前から入室できます。
・PCでもスマホでもご参加可能です。(スマホの場合は事前にZoomアプリをインストールしてください)
・最後の10~15分は質問時間です。チャットでご質問ください。
・個別のご質問は、後日メールや電話でもお受けします。■


セミナー申込 お問合せ