Web【201104MA 売却セミナー】11月4日(水) 中国現法「売却M&A」の徹底理解と実務基礎(90分間)

2020年11月4日(水) 日本16:00~17:30・中国15:00~16:30(90分間)/
受講料(お一人)11,000円(含消費税) または 700元(含増値税)/

<セミナー構成>
中国現法の売却M&Aとは 基本的な流れ 中国現法の「終活」を考える時代に
戦略策定とスキーム策定譲渡先の見つけ方 高く買ってもらうための交渉術
企業価値の算定方法 DCFか簿価純資産か? 条件交渉 譲渡契約
<質問時間>(10~15分)

<セミナー概要>

中国の現地法人には最長50年の「経営期限」が定められています。50年目には企業価値はゼロに近づきます。50年目を迎える前、企業価値も土地使用権も最高値となる時点で現法を第三者に「売却」すれば、日本本社が得られる投資収益を極大化できます。多くの日系企業は、2030年を過ぎた頃ろから企業価値のピークを迎えます。貴社は、シュミレーションを行っていますか?

中国ポートフォリオの適正化のためにも、現法の「売却M&A」を正面から検討する時代に入りました。このセミナーでは、中国在住20年を超えるプロのコンサルタントが、あらゆる観点から中国現法の「売却M&A」を解剖して皆さまにお伝えします。少人数開催ですのでご質問にも丁寧にお答えします。

<セミナー当日について>
・「Zoomウェビナー」を使用した10人以下のセミナーです。
・アクセスURLは、前日にお知らせします。
・10分前から入室できます。
・PCでもスマホでもご参加可能です。(スマホの場合は事前にZoomアプリをインストールしてください)
・最後の10~15分は質問時間です。チャットでご質問ください。
・個別のご質問は、後日メールや電話でもお受けします。■


セミナー申込 お問合せ