Blog

中国法人の撤退 ー 持分譲渡・解散清算

中国での事業再編や撤退には、現法設立時の「数倍の」労力が必要です。

持分譲渡によるExitの場合、対象会社のDD、買い手との価格交渉、そしてその上に、中国特有の規制や許認可が加わり、交渉当事者には短期間でのタフな処理能力が求められます。

解散・清算の場合、法務・会計のみならず、労務・税務・税関・IT・環境など、あらゆる角度からのリスク検証を行った上で、手続に入る必要があります。戦略策定から交渉同席・文書作成実務・当局手続までの複雑なオペレーションを、経験豊かな中国コンサルの老舗であるIBJグループが、ワンストップでサポートします。

まずは、ご相談内容をお問合せフォームよりお知らせください。24時間以内に回答責任者から返信させていただきます。(極めて高度な秘密保持管理を徹底しております。)

◆お問合せ:右段「今すぐ質問!」もしくはメインメニューの「CONTACT」をクリックし、タイトルに「中国法人の撤退」と明記の上、以下のポイントをお送りください。(分かる範囲で結構です)
1)対象現法は、独資ですか? 合弁ですか?
2)対象現法は、製造業ですか? サービス業ですか?
3)対象現法の従業員数(概数)は? 登録資本金の金額は?
4)対象現法は、何年の設立ですか?
5)対象現法の所在地は、何省(何市)ですか?
6)対象現法の近時決算は、黒字ですか? 赤字ですか?
7)対象現法は、「保税取引」を行っていますか?
8)対象現法は、税務局や税関から査察を受けて罰金を科せられたことがありますか?
9)その他、特別な事情はありますか?

回答責任者:前川晃廣
  IBJコンサルティング㈱代表取締役
  愛碧界諮詢有限公司(上海・広州)総経理


今すぐ相談する 顧問契約のご案内