Blog

労働契約の「解除」と「終了」

従業員に離職してもらうためには、労働契約を「解除」するか、もしくは、「終了」させる必要があります。ここでは、その2つの差異を正確に把握し、かつ、法律上の要件について完璧に把握します。その詳細は、「労働契約法」第4章(労働契約の解除と終了=第36条から第50条まで)に明記されています。以下関連条文を丁寧に解説していますので、ラインマーカーを引きながら、じっくりと読み込んでください。■

詳しくは、ココをクリック → 労働契約の解除と終了 (全6ページ)


今すぐ相談する 顧問契約のご案内