近時ご相談事例:20年経過した土地使用権の時価はどのように算定するのが妥当か?

 中国で土地を買う場合は、最長50年間の「土地使用権」を前払いで購入します。価格は「500元/㎡・50年」というように設定されます。
 20年経過した段階での土地の簿価は、定額償却の無形資産として計算しますので300元/㎡に下がっています。時価は、近隣土地の(50年の使用権の)近時取引事例を基として、一定の算式で導かれる「原還率」を乗じて計算します。
 50年の使用権の時価は、30年目まではそこそこの評価を得られますが、30年目を過ぎると急激に低下していき、50年目にはゼロになります。近隣の土地相場が上がっているからと言って、必ずしも現法の土地に「含み益」があるとは限りませんので、ご注意ください。(2020年1月)■


お問合せ 顧問契約のご案内