Blog

セントレアでのVAT還付

中部国際空港(セントレア)から浦東空港へ向かう、夜のフライトに搭乗しました。遅い時間に浦東に到着しますが、逆に午後いっぱい日本にいられるので、愛知県のみならず、他の地方都市にいるときでもよく利用する便です。それに、羽田・成田・関西からの便に比べると、かなり空いています。

21時過ぎのフライトなので、機内食もあまり期待できないな…、と思い、待ち時間に搭乗口近く(パスポートコントロールの外)のコーヒー店で、テイクアウトのコーヒーを買いました。掲示されている価格が全て10円刻みだったので、「そうか、ここは日本を出国した後なので、VAT(日本では消費税8%)が免除なのか…。」と考えながら、ちょうどの金額を財布から出したところ、店員さんが「申し訳ございません、ココでは消費税も頂戴しております…。」

「えっ、ココは国外扱いではないんですか?」「はい、不思議に思われるお客様も多いのですが、ココでは消費税をいただいております。」との店員さん。コーヒー1杯の消費税ごときでクレーム客と化すのも恥ずかしいので、その瞬間に一旦思考を停止して、もう一回財布を開け、1円玉までお支払いしました。

店員さんが、消費税法や関税法を理解している風でもなかったので、これ以上の議論はやめて、ベンチに座ってコーヒーをくゆらせながらゆっくり考えたところ、「このコーヒーを日本から持出すのであれば輸出となるのでVATは免除もしくは還付されるが、空港内=日本国内=で消費する場合は輸出ではないので、VATが徴収される」ということに、やっと気づきました。

一つ勉強させていただきましたが、そもそも、消費税込の金額で掲示してくれれば、最初からスムーズに1円玉まで払ったのに…。■

(写真は本文とは関係ありません。)
image195


お問合せ 顧問契約のご案内