Blog

トランプ政権と中国ビジネス

この数か月間、クライアントを訪問した際によく聞かれるのが、「トランプ大統領になって、日本の中国ビジネスは、どう変わるでしょうか?」という質問です。もちろん、私が未来を正確に予測できる訳でもなく、クライアントも「正解」を求めて尋ねているのではないでしょうが、やなり気になるテーマではあります。

就任前のトランプ氏は、貿易においても、領土においても、中国に対して強硬な態度を押し出しています。しかし、そこは商売人ですので、米国に有利と見れば突如として方針を転換することは充分にありえますし、中国だって商売人です、本気で米国と喧嘩した場合の損得勘定を考えれば、自重した行動をとるでしょう。

日本では、この数年で拡がった「嫌中」感を背景に、トランプ氏の対中強硬発言を「胸のすく思い」とばかり歓迎するムードもありますが、構図はそれほど簡単ではなく、この強硬発言が急に日本に向けられないとも限りません。中国ビジネスは、これまでにも増して慎重に進めるべきステージに入っていると思います。

(写真は、沖縄県恩納村から見た水平線)■
image134


お問合せ 顧問契約のご案内