Blog

飛行機内で覆面をつけた…

1月中旬に、中部国際空港(名古屋)を21時台に出発する浦東行の全日空(NH)便に乗りました。夕刻まで日本で仕事ができ、機内はいつも空いていて、飛行機の遅延も少ないことから、よく利用する便です。

上海行ですので、中国人観光客も大勢乗っています。「静寂」というものにほとんど価値を感じない彼らは、フライトの間ずっとしゃべりっぱなしです。まぁ、海外旅行でテンションが上がるのも無理はないのですが…。エコノミークラスなので贅沢は言えません。

今回、久しぶりにビックリさせられたのが、日本で買った「顔面用パック」を機内で仲間に配り、それを顔につけたままワイワイ騒いでいる上海人たちです。旅の疲れをとるためなのか、日本での日焼けを気にしたのか分かりませんが、パックをつけたお姉さんたち数人が上海語でペチャクチャやっている様は奇妙で、「一歩間違えれば、ハイジャックの覆面にもなりかねないなぁ」などと邪推してしまうほどでした。さすがに正面から写真を撮ることははばかられたので、背後からの風景だけ、ご覧ください。

「周りを気にしない」のも、中国人の特徴です。これは、周りの人をバカにしているのではなく、気にしていない、即ち「他人は立木と同じで、目に入らない」ということです。中国人の特性を理解するキーワードの一つとして、覚えておいてください。■

image140


お問合せ 顧問契約のご案内